建てていく前に知っておきたい注文住宅のあれこれ

Real estate

家を変化へ

前のオーナーが存在する中古一戸建て住宅は、建築年数が長く真新しさは無いものの、同じ地区で建築する新築住宅よりも圧倒的に安い価格で購入できるのが魅力です。前の住人によるニオイや雰囲気が気になる場合は、リフォームで模様替えもできるため、理想的な住処へと作りかえる事ができます。 中古一戸建ての金額傾向はエリアや住宅の大きさ、抱えているローン状況により異なりますが、約2千万円から5千万円前後に推移しています。購入価格はこれから返済するローン価格にも直結するため、家族構成や経済状況、予算等と見合わせて選ぶことが大切です。また中古一戸建て住宅は時期によって価格が変動する傾向があるため、常に最新情報をチェックし気になる物件は登録しておきます。

長年マイホームは新築が人気だったにも関わらず、十年くらい前から中古一戸建てを希望する人が増加しています。これは日本経済が抱える事情にも関係しているため、経済と住宅市場の密接な関係が改めて再認識させられる結果でもあります。 日本経済が好調な時はあらゆる商品が飛ぶように売れるため、高額な買い物である住宅も納期が遅れるほどの人気がありました。けれども近年は経済が下降気味であるため、新築を購入するのが難しく、終の棲家を中古一戸建て住宅に決める家庭が多くあります。そのため中古一戸建て住宅の情報がとても増えており、新しく入ってきた情報もすぐに無くなるという事態が発生するほどであり、中古市場は現在とても活況しています。