建てていく前に知っておきたい注文住宅のあれこれ

Real estate

さまざまな踏まえ

東武東上線が人気の理由

東武東上線は池袋と埼玉県を結ぶ路線であり、池袋から成増が東京都、隣接する和光市からが埼玉県となります。和光市から池袋は13分程度と非常に短い移動時間で済むことや、地下鉄メトロの2路線と直通していることもあって都内へのアクセスが非常に行いやすいこと、沿線上も出版業や自動車業をはじめとした工業地域や大学、専門学校が多いことから住宅街としての人気が高いといえます。最近になってふじみ野周辺の開発が進み、タワーマンションをはじめとした新築マンションが多く建てられたことや、志木、朝霞周辺の郊外エリアに新築分譲住宅が多く建てられるなど利便性の高い駅においての住宅開発が目立ち、それにともない大型店舗なども増えてきました。

住宅購入が行いやすくなっています

従来であれば、東武東上線の中間地点となる川越以降の地価の安い物件に新築物件が多く建てられる傾向にありましたが最近では和光市と川越間の東武東上線中間エリアにシフトしています。それは、閉鎖する工場や倉庫など増え、まとまった広い土地の確保がしやすくなったこと、建築技術の向上によってローコストの低価格住宅が実現したことによって物件価格が下がってきたことなどが理由となります。そして、住宅ローンの金利低下の影響も加わって住宅購入が非常に行いやすくなり、新築一戸建ての購入でも月々の出費が賃貸住宅の家賃と変わらない程度で、頭金が無くとも購入できるのが現状です。東武東上線の利便性の良さと、手ごろな住宅が増えてきたことからその需要は非常に増えています。